« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

プチお祝い

Fisch

昨日はDTZ合格のお祝いをしました。

久々のお魚さんですfish

たしか"Weisswelfilet"って値段札には書いてあったような。見ためは舌平目のようだけど、淡水魚。

身がしまってて美味しかった。ムニエルに最適delicious

今週は「ついに夏到来!」というくらい暑かったけど、ドイツのプチサマーはたったの3日間で終了~down 

今日からまた下り坂rain 

気温差12度・・・

これでまた風邪ひく人がたくさん出るんだろうな~。それで電車やお店でうつされるんだろうな~。

ドイツ人にひと言。

いくら昨日まで暑かったからっていっても今日の気温は17度しかないの。こういう日は昨日までの夏気分を忘れて、ノースリーブは着ないでちょうだいね。

お願いだから寒い日は長袖を着てちょうだい。風邪を引かないように、そして人にうつさないようにね。

| | コメント (0)

合格!

Certificate

DTZの試験、なんと合格しましたぁ~pass

あまりの出来の悪さに、半ば諦めていましたが、試験の3項目(聴解&読解、筆記、口述)すべてがB1の基準を上回っての合格。

1つくらいはA2があると思ったけど、すべてB1とは驚きだった。だって、読解は本当に時間が無くて、最後は目隠し状態で適当に解答したからね~。たぶん聴解がパーフェクトだったんだと思う。

結果を受け取るまでの1ヶ月間、本当に長かった~。

4週間は待たないといけないと分かっていたから先週までは普通に過ごしていたんだけど、それでも頭の片隅には常にDTZがちらついていたの。

今週月曜からは落ちつかなった。ポストを見るたびにドキドキしてしまって・・・

もしかして結果の到着は水曜日かな~と勝手に想像していたので、昨日ポストの中に大きな封筒を発見した時には、

ドッキーーーーン

心臓が跳ね上がったよ。

家に戻って封を開ける手も震えてたね~。

中を見ると紙が3枚入ってて、一番上の宛て紙には何やらずらずらと文字が並んでいて、最初は合否がわからなかったの。

でも読んでいくと、

Ihre Integrationkurs ist damit abgeschlossen.(あなたのインテグレーションコースはこれをもって終了しました)

と書いてあったの~~~~sign01

終了ということは、もう再履修しなくてもいいってことなの~~~~sign01

本当にうれしい~。

悩みの種が減ったsign03sign03sign03

これで心置きなく夏休みに入れる。

うん、うん、なんかこの合格をもらったことによってドイツ語に自信がついてきたぞhappy02

| | コメント (2)

KOKORO WA HITOTSU*

P1030484

6月19日、Bremenにて日独友好150周年を記念して、全日本女子VSドイツのバレーボール親善試合が行われた。

バレーボールはサッカーに次いで(ともに国際試合だけど)大好きなスポーツ(観戦だけど)。いつもテレビの前で大声をはりあげながら応援してた。

ま、『ニッポン、チャチャチャ』の声援については少しばかり照れるけどね。たぶん現地に行けば御多分に漏れず『チャチャチャ』しちゃってるんだろうけど、はたと冷静に考えるとあれはちょっと恥ずかしい。

一度じかに観てみたかったバレーボールの国際試合。

日本でも代々木体育館などに観戦に行ってみたかったんだけど、ご存じのとおりすごい人気でしょ。いつも満席でチケットを取るのに苦労しそうなの分かってたし、悪あがきせず、大人しく(?)TV観戦してました。

でもでも今回はせっかく近くに遠征してきてるのに見逃す手は無い!ということで、1週間前にネットでチケット購入。1週間前でも席が空いてるのね・・・。

しかもこの日のメインは18時から行われるワールドリーグ男子、ドイツVSブルガリアだったのだ。だから親善試合はいわゆる、『前座』的?だったのかしら。

でもワタシたちのメインはこの親善試合。そしてこの日は日曜日だったのであまり遅い帰宅にはなりたくなった、ということもありメインを観ずに帰るという太っ腹scissors

試合は序盤、日本チームに若干緊張の色が見えたけど、決めるところを決め、結局、3-0で日本がストレート勝ちした。

今回のメンバーはあまり知ってる人がいなかったのがちょっと残念だった。竹下のミラクルトスが観たかったんだけど、セッターも新顔だったし、さおりんもいなかった。

ただうれしかったのが、全日本に復活した山本愛(旧・大友)と荒木を見れたこと。荒木はベンチで試合こそ出れなかったけど、なんかいるだけで全体がまとまる感じがした。ベンチからも声だしてたしね。彼女はいいね!

Volleyball_in_bremen

そういえば、会場では『KOKORO WA HITOTSU』募金をしてた。1回1ユーロでくじを引く形式だったけど、これは東日本大震災に向けた募金活動。うれしいね、こんな活動してくれるだなんて。

そして会場で配られるパンフレットにはこんなことが書かれていた。

KOKORO WA HITOTSU

Diesen Slogan haben die Japaner auf ihrer Ausrüstung und bedeutet: "Wir sind mit den Gedanken bei euch im Norden und wir sind EINS"

Der Deutsche Volleyball-Verband,der Volleyball-Landesverband Württemberg sowie die Ausrichter in Friedrichshafen und Stuttgart bekunden ihre Solidarität mit den japanischen Volleyballern und dem japanischen Volk und sagen ebenfalls KOKORO WA HITOTSU.

「心はひとつ----日本人が掲げるスローガンは『東北のみんなの心とともに、私たちは一つになる』。
ドイツバレーボール協会は日本のバレーボールと日本の皆さまと団結することを表明し、「心は一つ」であると断言する」

要約すると、ドイツの人々も君たちを応援してるよ!ということ。

うれしいね~。今日、ここに来なかったら、こういう活動してるんだってことも知ることがなかった。大なり小なり世界各地でこのような活動がされてるんだって思うと、ありがたさで胸が熱くなる。

ドイツでは、東日本大震災で起きた最悪の原発問題を、所詮は他人事としてそれを自国の『脱原発』理由の絶好の材料としている。多くの人は連日『脱原発』の旗をかざし日々デモンストレーションに明け暮れているけど、それを見ててすごく胸糞が悪かった。人の大惨事を軽々しく例に挙げて、暇さえあれば「フクシマ フクシマ」って大声で叫んでる。いい加減にして!って叫びたい気持ちでいっぱいだった。

でも、こういったスポーツを通してだとか、街頭でボランティアとして募金活動してくれる姿を見ると、やっぱりうれしいし本当に感謝の気持ちでいっぱいになる。そして日本人は、いつかこのような恩に報いたいってきっと思うんだ。

ワタシも遠い国ドイツより『心は一つ』の気持ちで日本を応援してます!

がんばれ、ニッポンfuji

| | コメント (0)

黙々と・・・

P1030469

さ~て、出かけようかな。ちゃちゃっと髪の毛でもとかして・・・

バスルームに入ったところで一瞬立ち止まる。

今まで知らんぷりしてきたけど、もうダメだ。

ブラシに絡みついたタオルの糸くずたちが、こちらに向かって何やらオーラを放っている。

この糸くずたちは、新品のタオルから発生したもの。新しいタオルだからまだ繊維が落ち着いてないのだろう。髪の毛をこのバスタオルで拭くたびに髪の毛に絡みつき、それらをこのブラシが取ってくれてたのだ。2,3週間前から気にはなってたんだけど、まだイケるな、と黙認していた。

だけど、今日という今日は黙認しきれなかった。

昨日と何が違うのか。

糸くずたちの量は変わらないと思うんだけど、昨日は許せても今日は許せなかっただけの話。

ブラシが汚いのってちょっと残念。いくらきちんとしてる素敵なバスルームでも、汚れが詰まり放題のブラシを発見してしまうと、うわーって思う。とは言うものの、うちは素敵なバスルームでもなんでもないんですがね。例えばの話で。

ということで、黙々とブラシのお掃除にとりかかる。

ホント黙々と、一人さびしくバスルームで・・・

しかも、ブラシの先端がちょこっと丸みを帯びてて下部より大きくなってるから、糸くずを引っ張り上げてもここの丸みで引っかかっちゃって取りづらいんだ。

洗えば簡単なんだろうけど、空気穴みたいのがあってそこから水が入っちゃうと乾きづらくなっちゃうしなー

しかも、何この感覚?一本一本に絡まってる糸くずを取っている間、肩とか背中とかが無性にムズムズしてくるの。なんかじれったいっていうか、もどかしいというか。

ふー。やっと終わりました。

てか、5分程度なんだけどねsun

| | コメント (0)

さよならサンドラ

ありがとう、サンドラ

あなたとここで偶然にも再会できたことに感謝

いろいろなことをたくさん教えてくれてありがとう

あなたと会う時はいつも楽しかった。豊富な話題と表現、意見交換はいつも時間を忘れさせてくれた

ワタシなんかと会ったって、あなたにはなんのメリットもないだろうに

それなのに・・・

ワタシのたどたどしいドイツ語に付き合ってくれてありがとう

おかげであなたとはもうすっかりドイツ語オンリーの会話だね。もうイタリア語では話せないよ

Stuttgartに戻っても元気でね(たぶん元気いっぱいなんだろうけど)

ありがとう。大好きなサンドラ

そしてこれからも末長くお付き合いしましょう

また会う日まで・・・・・・

Sandra

| | コメント (0)

生野菜が食べたいな

Takikomigohan

前述したとおり、いまドイツでは病原性大腸菌(EHEC)のせいで生野菜が食べられなくなってるの。

スーパーではトマトやきゅうり、レタスなど一応並んでいるはいるものの、やっぱりワタシは買わないことにしてる。

今朝のニュースでも、EHECの原因として新たにレタスが取り上げられていたし、当分生野菜は食べられないなという状況。

冷ややっこやうどんに入れる葱もちょっと心配。よーく丁寧に洗ってるけど、EHECが入り込んでる可能性は否めない。でも蕎麦やうどんには葱は必須だから入れちゃってるけど。

困ったな~。今日のスーパーも、キュウリ売場はさびしかったわ。いつもなら所狭しと並んでいるキュウリ売場。最近はその数もめっきり減ってしまっている。

今日はトマトサラダが無性に食べたくなったんだけど、トマト売場の前に立ち尽くすことおよそ1分。

やはり断念することに・・・。

冷たいトマトにバジリコ・オリーブオイル・塩をかけて食べたーいcrying

早くサラダが食べた~いcrying

| | コメント (2)

うどん

Udon

手打ちうどんな~り~fuji

実は、この前日も手打ちうどんだったのですが、これがまたバツグンに上出来で、ツルツルのしこしこ、申し分なく本物のうどんだったわけです。

長さもちょうどよくツルツルっとすすれたし、

あら、もしかしてお店のおうどん?

的な(爆)錯覚に陥ったくらい。

そして好評につき(てかワタシ自身からのリクエストなんだけど)二日連続で手打ちうどんに。

初めての手打ちうどんはイタリアだったな~

あの時は、讃岐も顔負けするくらいゴン太(ぶと)だったけど、今回は生地を2時間ほど寝かせたので前よりかはかなり薄くのばせました。寝かせることで生地が軟らかくなるのね。

そして、包丁でカットしたあと、冷蔵庫に入れてちょっと冷やしました。

ゆで時間は5分くらい。

ゆであがったら冷水で麺をしめ、完了。

お葱と生姜で食べる手打ちうどんはホント、最高っすhappy02

| | コメント (0)

豆腐茶漬け

P1030444

なんだか最近ブログ更新が頻繁じゃない?

なぜなら、学校がお休みだからheart02

でもって、書く気モリモリだからheart02heart02

この調子で頑張るわよ~~~~punch

昨日の雨はすごかったtyphoon

夕方から急に雨雲が押し寄せ、みるみるうちに暗闇に。そして猛烈な勢いでドシャーーーーと降り出してきたの。

『Cats and Dogs』どころじゃなかったわ。CowにSheepに、そりゃもう大騒ぎですわってな感じで土砂降りだったの。

雷は鳴るわthunder、雹は降るわで、いったいどうしちゃったの?神様、ゼウス様、何かお怒りですか?って具合に。

そんなんが2回。1日に2回も!

そして今朝のニュースで地元が映ったんだけど、街の中心地では床上浸水だったみたいーshock

幸い、ワタシの住んでいるところは大丈夫。

さて、今日のメニューは、『豆腐茶漬け』。

これは東京に帰った時に、根岸にある老舗笹の雪で食べて気に入ってしまったもの。

一つ戴いて、ドイツにお持ち帰り。

ごはんの上にテーブルスプーンで2杯ほどの豆腐茶漬けを盛り、わさびとお海苔を加え、だし汁で戴くの。

最高に美味しいんだわんhappy02

案の定、あっという間のタメゴロウ、すぐに無くなってしまった。。。

そこで、裏の原材料を見ると、あら、これしか入ってないの?じゃ、自分でも作れるんじゃない・・・?

ってことで、チャレンジしてみることに。

オリジナルの材料には、わらびってあったんだけど、もちろんそんなもんございませんので省略。あるもので作ってみました。

今日もざっくりとした材料説明です。

分量?

なんのことかしら~~~~~~~~happy01

【材料】 木綿豆腐、乾燥しいたけ(&もどし汁)、ごま(多めに入れてね)、醤油、粉末出汁、砂糖、酒、唐辛子

① しいたけのもどし汁、醤油、砂糖、酒を鍋に入れ煮込み、そこへ粉末出汁も少々加える

② しいたけは細かくきざみ、お豆腐は少し形を残す程度に細かく崩す

③ ②を①に入れ唐辛子・ごまを加え煮込む。完了

ちょっと濃いめの味にすることがポイント。

P1030443

↑完成形。とっても簡単!

冷蔵庫で1週間くらいはもつと思うので、一度作ってみておくんなましup

| | コメント (0)

ベルリンはすごかった

P1030430

やっぱり行ってみるんもんだね、ベルリン

衝撃的な東西統一から早20年。街もすっかり様変わりしちゃっててビルばっかりだろうし、東京とそんなに大差ないんだろうなって勝手に思ってて、正直始めは興味なかったんだ。

ドイツ語を習いたての頃、先生が「ベルリンは1日あれば十分よ」てなことを言ってた。

そうそう、今から思えばこの先生の一言が大きかったかも。なんとな~く感じてた“都会的イメージ”に拍車をかけたひと言だったな~。

実際に行ってみて分かった。

『ベルリンは相当おもしろい』

そりゃ、何回も行ってれば1日でいいだろうけど、3日間でも足りなかったくらい初心者にとっては見どころ満載!

何が面白いって、新と旧が見事にマッチしているし、自分たちの歴史をきちんと残そうとしている姿がところどころに見える。

一番感動したのが、電車と駅。銀座線よりさらに古いけど 、そのレトロ感を上手に現代と調和させている。

車両も外見は古そうなのに、中に入ってみるときちんとリノベーションされている。

ただ、窓に関して言わせてもらうと、なぜか片方の窓しか開けられないようになってて、風通しがうまくいかない。特にワタシたちが滞在した3日間は猛暑で、超満員の電車で無風というのはキツかった。

P1030411

P1030412

P1030438 

それと旧東西の建築物の違いと、なんとなく感じる活気の違い。

ブランデンブルク門を境に、旧東には、ドデカくてガッシリした歴史ある建物がメインストリートに多く、偉大さを感じるとともに威圧感もあった。

統一後の再開発で、かなり都会的なイメージになったと思うけど、いまや旧西側よりこっちのほうがおしゃれで人もたくさんいて、活気を感じた。

旧西側はというと、それなりに建物は古く素敵な街並みではあるんだけど、東側に比べるとやはり自由を感じ、今まで束縛されずに自由に建設が進んだように見受けられ、なんていうか、『昭和的な建物』って言えばピンと来るかもしれない。建物自体に生活感があるゆえにすたれた感もあった。

西側の中心部はKu'damm(クーダム)といって高価なお店が軒を連ね、さしずめ大きな銀座みたい。

今回は、とにかく歩いた!

初日から頑張ってしまい東西にのびるメインストリート(ブランデンブルク門がある目抜き通り)を端から端まで歩き、その他の街も調子に乗って歩くこと約10Kmwobbly 初日からなんの交通網も利用せず、ひたすら歩いちゃったもんだから挙句の果てに腰を痛め、翌日もその後遺症で思うように歩けなかったから休み休み・・・歩いては木陰で休みの繰り返し(翌日は隣町のポツダムへ行ったんだけど、ここでは寄りによってお城めぐり)。

おかしいな~、3月の大震災の時は都内を15Km歩いたけど、腰は痛めなかった。。。たまたまかしら。

でも歩いたおかげで東西の街の変化もみれたし、腰を痛めた甲斐があったもんだ。

そうそう、ベルリンの壁も見てきた!

高さ4mくらいあるだろうか、あれを上るのは無理よ!しかも1961年に旧東側があっという間に(一夜という説)作っちゃったんだから驚き。

いまでは数か所をのぞき、壁のあったところに石などを埋め込み壁の痕跡を残すのみとなっている。

地図を見ると、かつてベルリンの壁で仕切られていた場所が線でくくられていて、今もなおところどころに残されている壁の位置が描かれている。

そういえば、オリエンテーリングコースの授業で、旧西時代のベルリンガイドブックを見せてもらったんだけど、旧東側の情報は壁に沿って見事に消去されてて真っ白!『Weiss See(白い海)』って書かれていたような気がする。

いまやその『Weiss See』が一緒に地図に載ってるだなんて・・・すばらしいではありませんか!

やっぱ行ってみるもんだよ、ベルリン!楽しかった~note

| | コメント (3)

白菜と肉だんごの煮もの

P1030323

久々に白菜と肉だんごの煮ものをつくりました。

作り方はいたって簡単↓↓↓

・白菜をざっくり切って、お鍋に投入

・お好きなお肉でおだんごを作って(ねぎ、しょうが、塩コショウで味付けしてねshine)、白菜の上に並べる

・蓋をしてコトコト煮込む

・白菜の煮汁が出てくるので、それで団子を蒸す

・全体が煮汁で浸かってきたら、醤油をひと回りかけ、もう少し煮込んで完了

いま、北ドイツでは病原性大腸菌『EHECK』が大流行。これは『o-157』みたいなもので、日本のニュースを見たら『o-XXX』って書いてあったな。

発生源はスペイン産のキュウリということが先週報道され、市場やスーパーではたちまちキュウリが売れなくなってしまったのだけれど、今日になって新たに、原因はスペイン産キュウリではないことが判明。

「現在流通しているキュウリを調べたところ、4つのうち3つがスペイン産のものと判明した」

っていう衛生局かなにかの記者会見を見たときに、あら~こんなにきっぱりと国名を出してしちゃっていいのかしら?って感じたけど、案の定、とんだとばっちりを受けたスペインから、今回受けた損害について非難を受けてるらしい。

キュウリの報道があるちょっと前に、大きな立派なキュウリを一本購入したばかりだったの。

そう、こっちのキュウリってすごく太くて長いんだよ。麺棒くらいの長さはあるかな~。これでうどん生地伸ばしちゃう?ってくらい。

はて、困りました。生で食べるのは怖いし、かといって捨てるのももったいない。

そうか!スープにしよう!

ということで、溶き卵とともに中華風スープを作りました。

スープだけじゃ大きなキュウリを使いきれなかったので、お肉とキュウリの炒め物も作っちゃいました。

残念ながら写真は撮らなかったんだけど、スープはなかなか美味しかったよん。

しばらく生野菜が食べられないので、サラダ欲求が高まりそう・・・

ほとぼりが冷めるまで、ちょいとの辛抱でやんすな。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »