« 終戦記念日に思うこと | トップページ | 走るぞ »

Che meraviglioso!!!

いや~、感動したよFerragosto(聖母マリア被昇天日祭)の花火。

会場に行くまではそんなに大した花火でもないんだろうなぁと軽~く考えていたんだけど、いやいや、甘く見ててすみませんでしたという感じ。

街の広報誌のようなチラシには、「公園が花火によって明るく照らされます」と書いてあったんだけど、どうせ祭りのエンディングでパンパン打ち上げるだけだろうと思っていた。ワタシの記憶では、それこそ10年ほど前のヨーロッパの花火はまだまだ迫力に欠けていて、

「墨田や東京湾、板橋(戸田)とか大宮のほうがすごいワgawk

という印象だった。まず打ち上げられた花火の大きさが違っていた。日本のほうが数倍も大きかったように記憶する。今回もこのようなノリで軽く考えていた。

チラシによると開始は0:00から約30分とのことなので22:30くらいに出かければちょうどいい。街の中心に行くと大勢の人々が街に繰り出していて『お祭り』ムードで熱気ムンムン。日本だったらこの時点で屋台の匂いがするんだけどなぁ・・・と歩きながら感じた。その代りと言ってはなんだけど、混雑のために人間の体臭がすごかった。あー、キツイ・・・

Prato della valleという公園に到着すると、そこには2つステージが設置されており、コンサートのようなものをしていた。さすがにステージまでは遠くて人も多かったので行かなかったけど、花火を間近で見られるであろうベストポジションを確保できた。

これが東京とは違うところ。ワタシたちが到着したタイミングでは決してこのベストポジションはとれなかったでしょう。ここでは、混雑していると言われている場所でさえこんな状況だからかわいいもんだ。あまりガツガツしてないのかね~。あっ、でもスーパーとかで並んでいる時、平気で横入りをするガツガツしたズル~い人はたくさんいるけどぉwobblysweat01

開始まで1時間あるしビールでも飲んで楽しもうか、と早速購入。すると学校の元先生に声をかけられビックリ!よくこんな大勢の中でわかったなぁと感心。まぁ、アジア人だから目立つのかな?

そうこうしていると会場の照明がすべて落ち、3発花火が打ち上げられた。

時計を見ると23:30。開始時間まであと30分あるけど、さっきの花火は予告かしら・・・と思っているといきなり花火の祭典が始まったのだ!

これは予告でもなく本番だぁぁぁ。すごーいsign01 ど迫力sign03 これってパドヴァのワナよ、油断させておいて前触れもなく始めちゃおうっていうワナだったんだワ。くぅーーーーhappy02

音楽と花火がコラボしており、テンポがいいのなんのって。しかも花火の設置位置が至近距離と遠距離の2カ所で、現場一体を劇場のように扱っており(大事な教会とかも範囲にはあるんだけどね)全体の構図が立体的なのだ。しかも規模がちょうどいい。大き過ぎもせず小さ過ぎもせず。

花火の仕掛け方が劇的なので花火自体が音楽に乗ってダンスしたりジャンプしたり、または噴火したり宇宙になったりするように見える。

あと東京と違うのは空に障害物が無いので夜空に花火が映えることなんのって。

青森のねぶた祭り最終日の海上花火も障害物一つない大きな夜空で打ち上げられる花火が素晴らしく、スケールの大きさにたまげたけどね。

今回は何というか・・・劇的だった。躍動感にあふれた花火だった。

いや~、感動した。ナメててすみましぇーーーん。

それでは、細切れで少しだけどご覧くださいmovie↓↓↓

|

« 終戦記念日に思うこと | トップページ | 走るぞ »

コメント

花火の話題なのに。。。体臭きついに大うけしちゃった。
においって、受け手はどうにもできないから、反則だよねー

投稿: けい | 2009年8月18日 (火) 14時14分

凄いね~!!ビデオ楽しませてもらいました。happy02
正に花火ショーって感じ。
これもありだよな~。goodGreat Jobです!happy02

投稿: cervecera | 2009年8月23日 (日) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終戦記念日に思うこと | トップページ | 走るぞ »