« 美しい海岸につきものと言えば・・・ | トップページ | Bocconcini »

宴の翌日は

日本食レストランに行きたいと言う生徒がいたので、レストランに行くならうちに来な!ということになった。

というのもパドヴァに来て8ヶ月、いまだ日本食レストランに足を運んでいないので正直自信を持って紹介できる店がないのだ。

どうせ日本食を披露するならいつもの「日本通」の友人たちも呼んで宴を開こうということになった。

今回のメニューは、海苔巻・焼き鳥(とり・つくね)・肉じゃが・たまご焼き・焼うどん。かなり豪華なメニューになった。

特に焼き鳥はきちんと串を打つから時間がかかるし(PILAO担当)タレも本格的。上出来だった。

今回初めて宴に登場した焼うどん。なんとイタリアのパスタbigoli(ビーゴリ)で作ったもの。このパスタ、太くて味があまりしないので焼うどんに最適なのだ。鰹節をパラパラとまぶせば、うどんに早変わり!

みんな喜んで食べてくれて、ワタシらとしても大満足の宴となった。

宴の翌日はいつものようにあまりものをたいらげるのだけど、宴当日はいろいろ気を使うので味わえないだけに、翌日はこれがまた一層美味しく感じられるからワタシとしては当日より翌日のほうが好きなんだ。

肉じゃがも一層味が浸み込んでて美味しかった~。

Nikujaga

肉じゃがとテリヤキチキン(海苔巻の具にした)

|

« 美しい海岸につきものと言えば・・・ | トップページ | Bocconcini »

コメント

宴にいつか参加したいわ~

日本料理にするのに、イタリアのものを上手く活用しているのは、あっぱれでござる!

投稿: けい | 2009年5月30日 (土) 05時41分

うふふ、無い所にいるといろいろ知恵がつくのだよ。しかし、麺どころにいるから恵まれているほうだよね~。

投稿: mako | 2009年5月31日 (日) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しい海岸につきものと言えば・・・ | トップページ | Bocconcini »