« トマトスープ | トップページ | 中華丼 »

なじみの店

小さい頃、よくこんなことを想像していた。「自分の好きなお店だけで街をつくる」・・・。例えば洋食屋さんなら万世、パン屋なら丸十・ポンパドール、ラーメンは黄河菜館、餃子は博龍etc。まぁ、そのほとんどはレストランなんだけどね~。しかも子供の頃だから近所のお店ばかりを列挙してるところが笑っちゃう。

で、昨日家族で久々にこの街づくり候補のうちのひとつである餃子のお店に行ったの。実は、実家に帰る理由の中で「博龍の餃子が食べたくなったから」というのがかなりの率を占めている。ハハハ!だってワタシがもの心ついた時には既に常連だったので、博龍歴はざっと30数年。30数年通ってれば絶対ある周期で食べたくなるものよね。

ここの餃子は少し厚めのもっちもちの皮に野菜が多めの具がギッシリ詰まっておりジューシー且つ焼き目がパリッとしていて絶品なんだなぁ。そしてポイントは大きいこと!たぶん一つの長さが8cmくらいあると思う。さらに6つで330円!安い!30数年変わらぬ美味しさであり続けているこのお店、昔は店頭で先代のおばあちゃんとおかみさんがせっせと餃子を作ってた。今は客前ではやらなくなってしまったけど、あれはいい光景だったな~。

おかみさん曰く、中国の毒入り餃子事件から1週間ほど、餃子が飛ぶように売れて大変だったらしい。やっぱりニュースで餃子ばかり見せられるからみんな食べたくなるみたい。みんなここの餃子は本物(本物、偽物の意味の本物じゃなくて素晴らしいものって意味合いで・・)ってことを知ってるんだね。うんうん、ヨシヨシ、儲かるってことはいいことだ!しかも初めて知ったんだけどニラを入れてないらしい。ニラ入れなくても美味しいんだって発見した。これからうちもニラ無しで挑戦してみようっと。

実は、途中数年間同じく料理人の息子さんが厨房に立っていたことがあった。息子さんはとあるホテルの中華レストランのコックだったんだけど、結婚を機にしばらくの間実家を手伝っていたようだ。その息子さんの影響からか新メニューが続々と登場した事があった。街のラーメン屋さんからまるで中華レストランになったよう。でもワタシたちはメニューが増えてもやっぱり定番メニューの3.4品しか注文しなかった。おそらく他の常連さんもそうだったと思う。今はまた夫婦2人で店を切り盛りしてるんだけど、中華レストランばりのメニューはそのまま。なんか息子さんの形跡を感じると共に、残しておくのは親心なのかな~とちょっとキュンとしてしまった。

|

« トマトスープ | トップページ | 中華丼 »

コメント

博龍のおかみさんもきっとびっくりものだねー。お客さんのブログにご自身のお店のことが紹介されて・・・・。飲食業の醍醐味だよねー。
あーー餃子おいしかったなぁ!なにを隠そう私も昨日、久方ぶりに博龍に行きましたのだ!

投稿: ちぇりまま | 2008年2月29日 (金) 14時19分

ちぇりままさん、久方ぶりの餃子でしたね。いつまでも変わらぬ味でいてほしいですね。

投稿: mako | 2008年3月 1日 (土) 09時40分

「好きなお店で街を作る」にぜひ紋蔵庵を加えてくださいな。あそこの「家光の鷹狩まんじゅう」は黒糖の味が利いたいい品でっせ。

投稿: ちょんぴらお | 2008年3月 1日 (土) 16時40分

それと・・・・お好焼屋のじゅうじゅう、スナックバーのレイコ、家具のマルス、最後に不動産のK&Kも忘れずにね!

投稿: | 2008年3月 2日 (日) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマトスープ | トップページ | 中華丼 »